eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太 脇本雄太 川村晃司
浅井康太
脇本雄太
川村晃司
池田勇人 猪俣康一 木暮安由
池田勇人
猪俣康一
木暮安由
中川誠一郎 佐藤慎太郎 小野俊之
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小野俊之
小倉竜二 山内卓也  
小倉竜二
山内卓也
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
福井記念 ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2017年7月22日~25日 10:00~17:00)
7月22日~25日 10:00~17:00 福井「不死鳥杯」
 
 連日 10:00~17:00 7時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
福井記念e-SHINBUNチャンネル。
特設スタジオからわいわいお騒がせ生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括
町田洋一
   
企画監修
橋本悠督
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 橋本悠督 長谷川満 二宮歩美
 
後閑ゆりあ 本郷杏奈 デイリー森田 コンドル武田社長
 
【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】福井競輪 http://www.f-keirin.jp/

 
ページトップへ
 

   
S級決勝インタビュー

村上義弘
近畿ラインで三谷君へ。
内を掬われたのは自分の甘さ。
色々と修正して頑張る。
渡辺一成
時たま逆もあるけど、普通に新田君の番手。
もちろん、勝つ走りで構わない。
深谷知広
怪我明けで不安もあったけど決勝に乗る事が出来て良かった。
思ったより踏めているし、仕掛けを躊躇せず自力勝負。
園田 匠
伸びに関しては問題ない。
自分でも楽しみ。
次女の誕生日でもあるし勝ちたいね。
原田君の機動力に乗って。
浅井康太
サマーナイトは中部で3連覇中。
自分も勝っているし4連覇を目指して。
もちろん、深谷君の番手へ。
深谷、近藤龍、自分だったし、今度はまた深谷の番かな(笑)。
岡村 潤
地元のビッグだし決勝に乗る事が出来て良かった。
ラインに縛られるのは嫌なので、単騎で好きに。
新田祐大
落ち着いて走れているし悪くないと思う。
一成さんの前で自力。
ただ、満足はしていないし、足りないものも感じている。
原田研太朗
地元記念の悔しさを、今回ぶつけることが出来ている。
準決は岩津さんのおかげ。
8番車でピンクだが、自力で一発狙う。
三谷竜生
良いメンバーが揃ったけど、僕はチャレンジャーの立場。
ただ、自分が獲ると言う、強い気持ちで走る。
自力勝負。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
ガールズ決勝インタビュー
高木真備
初日の9秒6の捲りはまぐれ。
時計は関係ないし、勝つ事が大事だと思う。
力の出し惜しみをせず、自力で優勝を狙う。
小林優香
徐徐に競輪の感覚を思い出してきた。
競技とは、また違いますからね。
休んでいた分、賞金も稼いでいないし生活費も足りない(笑)。
脚は問題ないし自力でベストを尽くす。
尾崎 睦
南関地区のビッグレースだし、結果にこだわりたい。
年末には平塚でグランプリもあるので。
怪我は問題ないし自力で。
石井寛子
相手はみんな自力選手。
そこを上手さと言うか、隙を見て攻略したい。
前々にいれば一発狙えると思う。
荒牧聖未
みんな強いけど、自分らしい走りが出来ていると思う。
とにかく前々へ攻めたい。
梶田 舞
私の中では優香ちゃんが一番強いと思っている。
先行も含めた自力勝負。
児玉碧衣
奥井さんに逃げて勝ったのは初めて。
凄く嬉しいし、自信になる。
連勝記録も伸ばしたいし、自力で優勝します!


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
二日目勝因敗因
  1R


長澤  彩
ちょっと落ち着きすぎた。
勝負所の判断がワンテンポ遅れている。
2日続けて中途半端で消化不良ですね。
高木 真備
昨日が捲りだったから今日は先行したかった。
みんなの動きもあったので脚を溜めるレースになりました。
初日の9秒6はマグレみたいなものだし、あんなタイムは2回続けて出ませんよ(笑)。
競輪はタイムよりも結果だと思うし、決勝も着を意識して走ります。
石井 貴子
体はいい。
ギヤもしっくりきている。
周りの自力がみんな強くて思ったような走りができませんね。
荒牧 聖未
前々に攻めるレースはできたけど、自分より後ろの人のスピードが上でした。
伊東のイメージはすごくいいし、自分の状態も引き続きいいですよ。
尾崎  睦
自分でレースを動かせているし、落車明けという状況の中でもしっかり走れている。
南関地区の開催だから決勝には乗りたいと思っていた。
とりあえず最低ノルマはクリアですね。


レース総評
初日は9秒6で捲った高木が今日も捲りで連勝。タイムは10秒0で初日より悪かったが迫力ある捲り。あとは、捲り3連発が決まるかが問題。今節の荒牧は自力と言うより、位置取りに重点を置いている感じだ。長沢は仕上がりが悪く、良い時の動きを見せられていない。
  2R


児玉 碧衣
奥井さんを相手に逃げて勝ったのは初めて。
内にいて全ツッパが一番堅いと思っていたし、合わせ切る自信もあった。
初日は誰がどう動くのか分からなかったけど、今日は来るのが奥井さんだけって分かっていたから、やりやすかった。
連勝記録はあまり意識しないで、決勝も力を出し切ることを一番に考えて走る。
奥井  迪
力勝負して碧衣ちゃんに完敗。
やることやって負けたので仕方ないですね。
石井 寛子
今日もスタート失敗。
自分より外枠の貴子さんに踏み遅れちゃダメ。
スターターとの呼吸が何となく合わないですね。
調子はすごくいいけど、何もしないで終わったレース。
石井 貴子
碧衣ちゃんは1周半逃げてるわけだし、あれを差せないのは問題。
力不足の一言に尽きると思います。
まだ最終日があるけど、今回は悔しさの残る開催になりました。
中川 諒子
奥井さんの後ろに入れたから、奥井さん任せのレースになってしまった。
自分から踏んでく気持ちがなかったのが敗因。
人の動きに頼りすぎた。


レース総評
児玉が連勝記録を伸ばす。この勢いがあれば、梶田の記録も抜きそうだ。しかも奥井を出させず突っ張ったレースは好感が持てる。内容も良いし、完全に本格化した。石井寛子は何となく3着に入った感じだし、石井貴子も児玉の後ろに入り恵まれた感じだ。他の選手は、レースをやらせてもらえなかった。
  3R


鈴木 奈央
スピード不足を痛感するレースでしたね。
初日の修正はできたけど、たくさんの課題が見つかりました。
山原さくら
もうちょっといい走りができると思っていた。
7着5着という結果はけっこうショックですね。
また出直してきます。
加瀬加奈子
3着狙いの走りをしても決勝に乗れたか微妙だった。
2日間ダメだった分まで最終日は力を出し切りたい。
小林 優香
ナショナルチームのヘッドコーチのブノワからは「レースの展開を考えるな。
感じろ」と言われている。
久しぶりの競輪でちょっと変な感じもあったけど、2日間走ってだいぶ感覚を取り戻せた。
今日は梶田さんがずっと後ろに付いてると思ったし、先に動いてくることもないというのも分かっていた。
最後もきっちり押し切れたし、脚の方は全く問題ありません。
梶田  舞
優香ちゃんの後ろを取れた時点で仕掛けてくれると信じていました。
私の中で一番強いと思う選手は真備ちゃんでも碧衣ちゃんでもなく優香ちゃん。
伊東はまだ優勝したことがないので、決勝で決められたら最高ですね。


レース総評
基本的に待ってからの仕掛けだし、小林は普段通りの捲り。冷静さが売り出し、勝って当たり前のレースだった。梶田は勝ち上がりを意識してか、小林にマークだった。増茂は逃げて見せ場を作ったが、若い鈴木は地元なのにレースが小さかった。上位陣との対戦だし、もっと積極性が必要だ。加瀬は逃げたくても、逃げられないのかは、判断がつきにくい。
  4R




脇本 雄太
長い距離をもがく練習をやっていないし、今の俺ではこんなもん(苦笑)。
地脚がないし、最低限のレース。
その辺りは、ファンに色々と伝えているつもりだけど。
渡部 哲男
4着だったけど、前の3人とは離れていたので。
和田 真久留
才迫君がもっと抵抗すると思い、アテにして失敗。
初日のレースなら脇本さんを潰すかなと。
レースの読み間違えがあったけど、後ろになっては駄目。
脇本さんラインに乗って行ければ良かったけど、そこまでの脚がなかった。
松川 高大
ワッキーも楽に主導権を取っていたし、あれを捲るのは無理ですよ。
金子 貴志
あの展開では誰も来れませんよね。
脇本君がドンドン掛かって行った。
自分も車間を切ってアシストが出来だし、ラインで決まり良かった。
才迫 開
主導権を取りたかったけど、脇本さんとの力の差が出た。
志智 俊夫
人気にもなっていたしラインの3人で決まり良かった。
ワッキーが駆けて、番手が金子君では、相手はどうにもならないですよ。
大塚 玲
今は自力でないし、後輩の和田君任せだったので。
山田 庸平
同期松川君任せ。
G2で自分でやっても苦しいので。


レース総評
いくらワッキーが競輪の練習をやっていないと言っても、才迫ぐらいなら簡単に叩いてしまう。金子も車間を切り、余裕の走り。和田は、やはり積極性がなく別線の動きをアテにしたのが失敗。
  5R



成清 貴之
後輩の頑張りがあったから3着に入れた。
気持ちも入っていたと思いますよ。
今日、失敗したら、岩本君にも鈴木君にも、俺の後ろを回れと言ってあったから、頑張ってくれたのでしょう(笑)。
吉田 拓矢
昨日も今日も叩けない。
言い訳出来ないし、脚がないだけ。
山田 英明
千葉勢の2段駆けは分かっていた。
展開が早くなり、僕にとっては捲りやすくなった。
タテの脚がシャープな亮馬君に抜かれるなら仕方ないですね。
鈴木 裕
同級生の岩本君が前でやりたいと言ったので、この並びになった。
初日に成清さんに迷惑をかけているから、僕を噛ませて、逃げたい気持ちがあったのだと思う。
ヨコの仕事が出来ないから、これで精一杯。
吉田君を止めた時に、前に踏んでおけば良かった。
山田 義彦
結果は出なかったけど、強い子の後ろを回り勉強になった。
岩本 俊介
一番前を任せてもらったし力は出し切ろうと。
吉田君に行かれなかっただけでも。
齋藤 登志信
最後は自分で突っ込んだけど、4着で一杯だった。
根本 哲吏
仕掛けるチャンスは何度かあったけど、そこで見てしまった。
坂本 亮馬
前の選手がスピードも技術も俺より上。
だから安心感はあったし、抜くだけだと思っていた。
大きなところで1着を取れば、まだ俺にも脚があるとファンも思うでしょうから。


レース総評
吉田は、相手に警戒されているが全然車が出ていない。叩いて何ぼの選手だし、浮いておしまいでは。F1クラスなら構えて捲りで勝てるが、このクラスでは厳しい。山田が捲って坂本が差すレースだったが、山田も本当は展開待ちの選手。強くなるにしたがい、位置取りをやるようになったが、本当はこんなレースが大好き。千葉は2段駆けだったが、こう言う時に3番手の選手がビシッと言う選手かどうかが問題。結果は別として、成清はモノを言える選手だから、形になる。
  6R



中川 誠一郎
松岡君には何度も勝たせてもらっている。
だから、こんな時もありますよ。
松谷 秀幸
堀内君が頑張っていたから鬼になれなかった。
真後ろの松岡君は止められたけど、その後ろの山田君は対処出来なかった。
勝つには、シビアに番手捲りでしたね。
山田 久徳
動く人が多いから位置取りは気にしていた。
だけど、ちょっと後ろになってしまった。
本当は2角で行きたかったけど、松岡さんの仕掛けが見えて躊躇した。
とにかく、ラインの3人で決まったのは良かった。
堀内 俊介
カマシやすい展開になったけど、出てからが全然駄目。
とにかく、このクラスの人の機動力は全然違う。
勉強になっているし、もっと練習をやらないと。
松岡 貴久
後ろが誠一郎さんだし、無理矢理行った感じですね。
位置取りは上手く行ったけど、そこからの脚がなかった。
澤田 義和
全体的に掛かっていて、山田君も捲りやすかったと思う。
今の自分では、あの捲りを抜くのは無理。
内から凄い勢いで中野君が来た時は、焦りましたよ(笑)。
中野 彰人
もう少し、バックを踏まずにコースに入っていれば、頭まで行けたかも。
だけど、みんなに俊敏なコース取りだと褒めてもらえた。
池田 勇人
車番が悪いし、前か後ろしかなかった。
8番手になったけど、もう少し早めに行けたら結果は違ったと思う。


レース総評
九州勢の作戦は間違いではない。切って、2段駆けの神奈川勢を出すのはセオリーだ。ただ、3番手を取ったは良いが、松岡は落車明けで車が出なかっただけ。それ以上に強かったのが、山田だ。5番手は失敗だが一気に捲った。今迄は村上兄の発進役だったが、先日初めて連携を決めた。これで自信になったはず。池田の今日のレースは8番手で論外。結果、近畿の上位独占だったが、3番手の中野のコース取りは見事だった。
  7R



後閑 信一
怪我の影響はないし、脚は問題ない。
横山君と共倒れだったけど、自分にもっと脚があれば良いだけですよ。
和田 健太郎
初日に根田君に千切れているから、変なプレッシャーがあった。
それを先輩の海老根さんに救ってもらえた。
本当、凄いスピードだったし、今が全盛期かと思いましたよ。
ラインに助けられ有り難いですね。
菅田 壱道
一旦、押さえて中団3番手を取るのは作戦通り。
本当は、海老根さんより、先に仕掛けたかったけど。
あとは浮いた横山君も邪魔になってしまった。
松岡 健介
山内さんなら良い仕事をやってくれる。
自分も自力でやっている以上は、いつも駆ける準備はしている。
海老根 恵太
久々に自力の1着。
まだまだ、自力でやれるし、自分でやった方が良い? そんな事はないし、今日がたまたまですよ(笑顔)。
前は取りたくなかったけど牽制もあったので。
思った以上にスピードが出て、和田君と決まり良かった。
横山 尚則
後閑さんに迷惑をかけてしまった。
空いていると思い、3番手に入ろうとしたら菅田さんにどかされた。
まだまだ気持ちも甘い。
山内 卓也
松岡君は若手のお手本。
掛かっていたし、あの気持ちが素晴らしい。
だから近畿の若手が育つのだと思う。
僕も必死に止めに行ったけど、海老根君は無理だった。
だけど、この3着で特別優秀を走れるし、大きいですね。
和田 圭
本来、菅田君とは相性が良いけど。
まあ、展開もあるので。


レース総評
最後に捲ったのは海老根。やはり、この人は番手回りより、自力でやった方が持ち味が出る。自力選手の多い南関にいるより、中四国辺りに移籍した方が重宝されると思うし、逆に持ち味が出ると思うのだが。こんなレースで逃げられる松岡は凄いし、小さいレースをやった横山はいつもの負け方だ。
  8R



中井 俊亮
主導権を取ったけど、掛かり切らなかった。
まだまだです。
杉森 輝大
初手の位置で嫌な感じはありました。
後ろが木暮君だし、焦って行った面もある。
もっと早くか、もっと遅い方が良かったかも。
自分は駄目だったけど、彼が1着で少しホッとした。
中村 浩士
最近、成績が良くなかったけど、田中君のおかげで確定板に載る事が出来た。
木暮 安由
杉森さんが止まってから自分で仕掛けた。
あれがなければ、もっと厳しいレースになっていましたよ。
あそこまで行ってくれれば、自分が勝つしかない。
決勝に乗れなかったのは残念だけど、1着を取る事が出来て良かった。
東口 善朋
中井君の頑張りに応えたかった。
杉森君はキッチリ止めたけど、木暮君の捲りは対処出来なかった。
伊藤 大志
あの展開も頭にあったし、木暮君に付いて行ければ2着はあった。
ごちゃごちゃになった時に連結を外してしまった。
田中 晴基
運が良かったですね。
木暮さんが切り替えて捲りに行った時に、丁度スイッチする事が出来た。


レース総評
案の定、杉森では主導権を取れないと思ったが、中井の主導権。木暮にしてみれば、杉森は年上だし、格下と言っても、あれこれ言いづらい。途中まで行ってくれればぐらいの気持ちだっただろうが、そんな展開。浮いてから自分で仕掛け楽に捲る。この時に伊藤が離れていて、田中が偶然マークする。
  9R



山崎 芳仁
俺が1着だけを考えたなら、最終ホームで小松崎君を入れない。
だけど、基本的にラインで走っているので。
直前の風邪の影響か、体に力が入らずピューと車が出ない。
長島 大介
山崎さんが小松崎さんを入れて、そこで自分が行くタイミングが出来た。
初日は番手のレースで失敗したけど、最近の調子の良さが出た。
佐藤さんと決まり良かった。
佐藤 悦夫
長島君が快速捲りを決めてくれ恵まれた。
本気で抜きに行ったけど、踏み直されて抜けなかった。
内藤 宣彦
あそこは山崎君の判断だし、自分が何か言う立場ではないよ。
河野 通孝
ラインの3人で決まったと思った瞬間に、外を山崎さんに来られてしまった。
三宅 達也
本当、楽しいよ。
古性君も逃げの組み立てだったからね。
脚質を変えて大正解です。
小松崎 大地
古性君に突っ張られ、山崎さんと内藤さんに迷惑をかけた。
短走路だし、きちんと主導権を取らないと駄目ですね。
坂口 晃輔
古性君が良い走りをやってくれたのに、きちんとアシスト出来ず申し訳ない。


レース総評
古性と小松崎でやり合い、栃茨勢にとって絶好の捲り頃。
期待が大きすぎるのかもしれないが、古性はスランプ状態と言っても良い。
将来的に三谷竜と2人で近畿を背負っていくのだろうが、自力ではしれている。
あとは、山ちゃん。
終わっている小松崎を最終ホームで入れる意味があるのか。
まあ、山ちゃんらしいと言えばそれまでだが。
最後は凄い勢いで、3着に届く。
  10R



郡司 浩平
根田さんは凄く掛かっていた。
稲垣さんを止めに行き、また戻った。
そうでなく、張りながら前に踏めば3着はあったかも。
仮に新田さんに行かれていたとしても。
新田 祐大
後方になったけど、前の動きが確り見えた。
根田君があそこまで踏み続けるのは予想外だった。
やはり捨て身の男は強い! 郡司君が稲垣さんをブロックして、北津留君が内に行ったところを仕掛ける事が出来た。
ここは運が良かった。
渡邉 一成
新田君は一番きついところで仕掛けましたよ。
山を登って行くのは、いつもの事なので。
僕は彼のカッコ良いお尻しか見ていなかった(笑)。
抜けたから調子は良いと思いますよ。
北津留 翼
また、へっぽこのレースをやりすみません。
それでも園田さんが勝ち上がってくれ良かった。
根田 空史
あ~、死ぬぐらいきつい(笑)。
やるだけの事はやったし、ある意味、満足ですよ。
園田 匠
最後方でないから余裕はあった。
北津留君が内に行ったから、僕は内か外か少し悩んだ。
感触は初日より良いし、脚は見ての通りです。


レース総評
根田のぶっカマシが決まり、番手郡司に絶好。
3番手に入るが、稲垣の巻き返しは決まらない。
最後はバイクみたいなスピードで新田が捲り、一成が差す。
郡司は、もっとシビアに走れば、決勝に乗れたが前が年上の根田。
根田も最後は止まっているし、自分も一緒に終わった感じだ。
あれこれ、他の選手に言われるかもしれないが、勝ちに徹して良いと思う。
郡司だけだけでなく、こう言う負け方をする選手も多い。
スンナリ回りの展開は弱いが、こう言う突っ込むレースは園田も得意。
価値ある3着だった。
 11R



村上 義弘
三谷君が良い走りをやってくれた。
ただ、4角で岡村君に掬われたのは反省点です。
岡村 潤
まずは渡辺君の頑張りに尽きますね。
最近の連係では宮杯でハコ6をやっているから気合が入っていた。
最後は頭狙いに行ったけど、村上さんが流石でした。
だけどシビアに走り正解でした。
松浦 悠士
色々と戦法で迷った部分もあるけど、またシンプルに考えるようにした。
今日は前々の走りは出来なかったけど、良い頃の状態に戻りつつある。
渡邉 雄太
後ろの先輩が決勝に乗ってくれた。
だけど、三谷さんに力負けしたし、まだまだです。
櫻井 正孝
みんな強いし、僕の単騎の自在戦では通用しない。
三谷 竜生
前受けは避けたかったけど、最悪、それも考えていた。
3番手に入ってからは、すかさず行こうと思っていた。
行ける自信はあったし、村上さんと決まり良かった。
高橋 大作
また少しずつ戻っているし、G2の準決を走れたのは収穫。
武田さんの番手は数年単位でなかったし、勉強にもなった。
稲川 翔
自分の位置を守れなかった。
全て自分の責任です。


レース総評
今の競輪は前受けだと不利。
だけど、突っ張る勇気もあるから三谷は不利ではない。
出させるか出させないかは、その時の判断になるが、三谷はこの状況判断が上手い。
あとは地元の岡村が殊勲賞。
こんなに強引なレースは普段やらないが、まずは近畿3番手のイナショーをどかす。
そして4角からは内に入り、あの村上をどかしにかかる。
普段やらないだけで、やれば出来ると言う証拠。
内を掬われながらも、堪えた村上も流石だ。
武田は若手相手に真っ向勝負は、やはりきつい。
単騎の松浦と桜井は良いところが無し。
村上弟は、三谷をほとんど抜いているイメージがあるが、アニキの方は、抜けないケースが多い。
これも不思議な現象だ。
  12R



浅井 康太
ぶん回す人がいないから深谷君が駆けやすいと思っていた。
行ってくれたら全部止めようと思っていたけど、その必要がなかった。
今日は車間を切ったぐらいですね。
平原 康多
途中で色々な障害物があり、捲る事が出来なかった。
深谷君が駆けて、最後方から捲るのが最悪な展開だと思っていた。
だけど、スピードは出ていたし、ぶつからなければ行けていた。
だから悲観はしていない。
岩津 裕介
原田君は構えるレースでなかったし、内容は良かったと思うよ。
あとは、自分に抜く脚があれば。
原田 研太朗
とにかく、全部突っ張るつもりで、スピードの合ったところで勝負と思っていた。
僕もやる気になれば、こんなレースも出来ますよ(笑)。
深谷 知広
初日のレースを反省して、きちんと叩きに行こうと。
競技の落車で体はまだ痛いけど、走っている時は大丈夫です。
永澤 剛
こんなメンバーで走れるだけでも。
本当、自分は弱いですから。
結果は別として、坂本君は頑張ってくれましたよ。
諸橋 愛
平原君が行けないのなら仕方ない。
次が地元弥彦記念だし、最終日も気持ちを切らさず大事に走りたい。


レース総評
他の選手の動きがセオリーと違ったかもしれないが、平原が後方で立ち遅れる。
さすがに、深谷の遅めのカマシを後方から捲るのは苦しい。
浅井も深谷が出てしまえば、余裕の走り。
あとは、原田の走りも良かった。
深谷を待っていたわけではないし、先行態勢に入っていた。
そこから3番手に入り、我慢しての3着。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R



梶田  舞
長沢さんの後ろにみんな続いてきてたし、出したらマズいと思って突っ張りました。
あれだけ踏んで3着なら悪くないと思います。
中村由香里
初手で梶田さんの後ろが取れてラッキーと思ったけど…。
このクラスはみんななかなかどいてくれませんね。
ずっと内で難しかった。
長沢  彩
もうワンテンポ早く仕掛けるべきでした。
梶田さんとスピードが合ってしまった。
石井 寛子
緊張でガチガチ。
スタートの位置も失敗したし、ヤバいなって思いながら走ってました。
何とか流れに対応した感じですね。
2着と3着じゃ全然違うし、最後は梶田さんだけ抜こうと必死でした。
佐藤亜貴子
初めてのビックレースだったし、集団でゴールできるか不安だった(苦笑)。
みんなスキがなくて強いですね。
行くなら一瞬詰まった2コーナーでした。
細田 愛未
高木さんにぴったり付いていければ2着に入れたと思う。
あれにスイッチしてくる寛子さんはさすがですね。
高木 真備
誰がどうするか全然分からなかった。
みんな私のことを意識しているみたいで視線を感じた(笑)。
ジャンで先行争いになってくれて、うまく前のスピードをもらえたのが勝因です。
脚とか体は問題ないけど、本当は先行で勝ちたかった。

レース総評
6番車の細田と高木は逆だったが、前から車番通りの並び。ジャンで長沢がカマシに行くと梶田は引かず突っ張り先行。両者のもがき合いがホーム過ぎまで続き、高木が2角から捲る。この時に俊敏な石井が高木の捲りにスイッチ。2人で千切る形になり3着が梶田。レース内容が一番良かったのは梶田で、最近は長い距離でも通用している。ビッグレースに縁のない中村、佐藤、細田は何にも出来なかった感じだ。
 
  2R



石井 貴子
内に包まれるのだけは嫌だった。
何個か読み違いがあって中途半端になってしまった。
尾崎  睦
出っ切るまでに脚を使ってスピードに乗らなかった。
今日が3着だったから次は2着以内に入らないと…。
増茂るるこ
赤板で動いてレースを作りにいったんだけど…。
山原さんにすぐに来られると思わなくて対応できなかった。
加瀬加奈子
動きがなければ打鐘で行くつもりでしたよ。
前が踏み合ってくる感じだったから冷静に構えました。
そんなに期待されてなかったのがよかったのかな(笑)。
最後はうまく碧衣ちゃんを追うことができた。
児玉 碧衣
初手の並びで一番後ろになった時は焦ったけど、気が付いたら自分の得意な形になってましたね。
休みながらスピードをもらって、いい感じで捲ることができました。
山原さくら
今一番強いのは碧衣ちゃん。
自分が前に出て、碧衣ちゃんを後方に置くようなレースをしたかった。
もうちょっと踏めたと思うけど、尾崎さんと踏み合いになった時に「危ない」と思って怯んじゃった。

レース総評
児玉が連勝記録を19に伸ばす。前がごちゃごちゃになっていたとは言え、快速捲りは圧巻。ちょっと、らしくなかったのは、児玉マークで2着に入った加瀬。偶然かもしれないが、児玉の後ろになり、こんなレースも出来るのかとビックリ。逆に言えば、昔みたいな、男前先行が出来なくなっているのかもしれない。3着はかろうじて尾崎で、落車の影響があるかは何とも言えない。石井と山原は力は出し切れていたし、明日以降は問題ない。増茂と奈良岡は、このクラスでは厳しい。
 
  3R



中川 諒子
優香ちゃんを追いかけて2着を狙える展開だった。
もったいないことしました。
荒牧 聖未
なかなか自分の踏むコースがなかったけど、最後は何とか空いてくれましたね。
ああいう展開から突っ込めているし調子は変わらずいい。
小林 優香
包まれる展開だけは避けようと思って走ってました。
今回から初めて3・79のギヤを使ってみたけど、この1走でなんとなくの感触は掴めました。
欲を言えばもうちょっとガツンと捲りたかった。
そこらへんを次は修正したい。
鈴木 奈央
見てるだけで終わっちゃいました。
前でずっとバチバチしていて、どこで行こうか迷っている間に終わってしまった。
流れは見えていたんですけどねぇ…。
奥井  迪
自分の力が足りなかったということ。
優香ちゃんと接触もあったし、色んな意味で強くならないと上では通用しませんね。

レース総評
勝ったのは小林だが、更に奥井ファンが増えそうなレースだった。まずは押さえてきた田中を前受けから突っ張る。今度は小林と真っ向勝負。小林と壮絶なもがき合いになり力が尽きたが、こんな選手が男子にも欲しい。2着の荒牧は奥井マークからだし、展開に恵まれてのもの(この辺りも今のガールズの選手は作戦の中に入っているが)。中川も何となくの3着。石井と鈴木は見せ場なく終わったし、コンドルの武田専務の言葉を借りると、気持ちで負けたレース。
 
  4R



1 横山 尚則
小さいレースが多かったので、積極的に走れたのは収穫ですね。
後ろに中井君が入ったのは分かったし夢中で踏みました。
もっと、行かれてしまうところを3着に粘れて良かったです。
2 中井 俊亮
今日に関して言えば、新車のセッティングも今ひとつですね。
横山さんがハイペースで駆けていたけど、番手に嵌っても一杯だった。
車も出ていないし修正しないと。
3 坂本 亮馬
自分でやったわけでないし、松川君に任せた結果なので。
4 高橋 大作
諸橋君も近畿勢に入られて、ワンミスあったね。
そこからは凄かったけど。
結果オーライだけど、僕ら関東の3人で決まり良かった。
5 澤田 義和
きちんと付いて行ければ良かったけど、諸橋君に捌かれてしまった。
6 松川 高大
混戦になってチャンスはあったけど、車が出なかった。
坂本さんに申し訳ない。
7 諸橋 愛
レース勘や、持って行き方が悪すぎる。
反省が残るレースだし、1着でも素直に喜べない。
地元記念に向けてハードに練習をやっている最中だが言い訳出来ないですよ。
8 筒井 敦史
伊東は嫌いなバンクではないけど、今日は展開が向かなかった。
9 古性 優作
まだまだ人の後ろを回った時の技術が下手。
余計な動きもあったし、中井君をアシスト出来なかった。

レース総評
横山ラインが主導権を取ると、中井が巻き返しに行き、古性と諸橋で絡む。この時に諸橋は踏み遅れと言うか、当り負けして、横山の後ろに中井と古性が割りこむ。最終バックで九州勢が捲ってきた時に、3番手の古性が自ら捲りを止めに行く。これで内が空き、諸橋が生き返る。2センターからは阿修羅の如く、強引に突っ込む。諸橋の良さが出た一番だが、選手がよく言う、現地集合の上位独占だった。古性はあの展開で外に振る必要はなかったし、まだレースの甘さが出た。強引さだけでなく、時には冷静さも必要だ。
  5R




1 菅田 壱道
坂本君が内から行った時に付いて行くか悩んだ。
失格の恐れもあるので。
最後は踏み負けず3着に入れたので悪くないと思う。
自力でやっても勝てるぐらいの状態ですよ。
2 東口 善朋
脇本君が駄目でも、その後に稲川君も捲っている。
6着は自分の責任ですね。
3 松谷 秀幸
突っ張りは最初からの作戦ではない。
あくまでも流れだった。
負けてしまったけど、やる事はやったので。
4 山田 義彦
ホームで前に出れていれば…。
チャンスのある展開だったけど、落車の影響もあるのかな。
5 坂本 貴史
3番手からでも叩くつもりだったけど、今日は松谷さんがやる気だったので冷静に立ち回った。
バックで内が空いたのはラッキーだけど、1着で凄く嬉しいですよ。
6 河野 通孝
山田君にはお世話になっている。
彼の力があれば、行ってしまうと思ったけど。
7 稲川 翔
脇本君が一番自分で分かっているんじゃないかな…。
強いのは間違いないので。
僕は後ろに東口さんもいるので、行けるところまで諦めずに踏んだ。
それが2着として結果が出た。
8 田中 晴基
先輩が駆けているし、仕事するのは当然でしょう。
そこを内から掬われてしまった。
9 脇本 雄太
久々の競輪だし、難しい。
やれる事も限られているけど、走る以上は頑張らないと。

レース総評
まずは一番逃げないと思われた松谷が突っ張り、これで穴の匂いがしてきた。一番逃げない選手が逃げるし、これも競輪の七不思議のひとつ。ワッキーは松谷を叩けず終了。カーボンフレームしか乗っていないし、鉄のフレームで走るのは競輪場に入った時だけ。二束のわらじは履けないし可哀想。山田も良いタイミングで行ったが、ワンテンポ遅かった。普段、こんなレースをやらない坂本だが、田中が外を持って行った時に、内に入る。田中だけでなく、逃げていた松谷のところも内から通過していく。この展開は誰も読めなかっただろう。
 
  6R



1 岡村 潤
石井さんとは、16、7年の付き合いで呼吸がピッタリ。
最近は連係も多く、前回の小松島記念の最終日もワンツーだった。
一番良いところで行ってくれました。
今の成績があるのは、長いスパーンで考え練習をやってきたから。
2 和田 圭
根本君は頑張ってくれたけど、山田君ともがき合いになったので。
3 金子 貴志
山田君も行ってくれたし、今日は南関勢の展開でしたね。
4 伊藤 大志
根本君の頑張りがあったし、和田君と4、5着なら。
僕は青森のお祭り男なので、レースを盛り上げていきたい(笑)。
6 根本 哲吏
6番車だし攻めのレースをやったが、距離が長かったかな。
組み立ては下手だけど、力は出し切れた。
7 石井 秀治
前回から新車だけど、今回は硬いと思っていた部分がしなやかになっていた。
前がもがき合いだし、展開にも恵まれた。
後ろが地元の岡村君だし責任も果たせた。
タイムは見ていないけど、自分でも凄い遠心力を感じた。
かなり良いと思いますよ。
9 山田 久徳
走る以上は怪我は大丈夫。
せっかく中部勢が付けてくれたけど、結果を出す事が出来なかった。

レース総評
山田と根本でもがき合いになり、石井の捲り頃。こんな展開は滅多にない。石井と岡村で捲ってワンツーだが、佐藤の運行はどうなのか? たまたま、そこにいただけかもしれないが、コメントは単騎で自在。これで石井と岡村の折り返し車券を買ったファンでも、いないと思い、佐藤の3着は切ったファンも多いはず。初手の並びは重要だが、単騎とコメントした以上は、意地になってもいるべきではないと思う。特に佐藤は競輪のIQが高い選手だし、敢えて苦言を呈したい。
 
  7R



1 柴崎 淳
(4角からの内圏線踏み切りで4着失格)。
2 木暮 安由
3 松浦 悠士
とにかく吉田君が強いし、才迫君に行ってもらい僕が番手から出るか、止められたら強引に止める作戦。
吉田君のスピードは番手から出るしか対応策はなかったけど、才迫君も良い掛かりでしたよ。
大きな事は言えないけど、後輩を育てながら、良い環境を作りたいですね。
4 櫻井 正孝
まずは踏まないと良い位置は取れない。
そこで脚を使い、結構きつかった。
広島勢が駆けて僕が中団、その後ろが三重勢で、吉田君が一番後ろになり最高の展開になった。
ビッグレースの1着は久々だけど、今日みたいに4角から内を突いての1着は選手になって初めて。
5 坂口 晃輔
いつも柴崎先輩にはお世話になっているので、仕方ないですよ。
今日は突っ込むチャンスがなかった。
6 才迫 開
やる事はやったし、松浦さんが勝ち上がってくれ良かった。
吉田君を不発に出来たし、自分の仕事は出来た。
7 吉田 拓矢
前を取らされた? しかも松浦さんが番手捲り? そんなの言い訳にならないし自分に力がないだけ…。
8 河村 雅章
相手に警戒されて勝つのは大変だし、吉田君と木暮君の後ろで負けたのなら仕方ないですよ。
9 永澤 剛
怪我明けだし、万全とは言えない。
その中で桜井君が前々のレースをやってくれ恵まれた。

レース総評
いくら強い吉田でも前を取ったら巻き返すのは難しい。しかも、まだ落車の影響は残っているはずだ。広島勢の2段駆けに破れ、木暮も吉田の泥舟に乗ってしまった。桜井は脚を使い3番手をキープ。最後も内を突くレースで見栄えが悪いが、良い頃の状態に戻っている。柴崎は自分でレースを動かすタイプでないし、見ておしまいだった。 
  8R





1 三谷 竜生
落車明けで少し不安はあったけど、練習は普通にやれたので。
あとは後ろが村上さんで安心感があった。
重たく感じたけど、準決はもっと良くなると思う。
ラインの3人で決まり良かった。
2 和田 真久留
中団を取るまでに脚を使っていた。
三谷さんが掛かっていたので捲る余力はなかった。
3 松岡 貴久
このメンバーで8番手になっては、駄目でしょ(苦笑)。
4 山田 庸平
松岡先輩の後ろだし、自分が何か言える立場ではないですよ。
6 山内 卓也
脚を使わず3番手3着。
前の2人が強いし、余裕を持って村上君も僕のコースを作ってくれた。
こんなレースばかりだと良いのだが。
7 長島 大介
自分で動いたわけでないし、先輩任せのレースだったので。
8 杉森 輝大
突っ張り気味に踏めば、中団を取れると思っていた。
だけど、もう1回動きがあり、ジャンで三谷君に行かれてしまった。
これで苦しくなってしまった。
9 村上 博幸
三谷君は怪我明けでどうかと思ったけど、さすがダービー王だね。
出てからも良いペースで駆けていたし、最後の踏み直しも抜群だった。
自分も車間を切って余裕があったし、前回の怪我の影響はない。

レース総評
細切れ戦だが、一番良いところから三谷がカマシを決める。三谷のジャン先行を他の選手が捲れるはずはない。こう言う風に走らせた、残り6人の走りは疑問だ。一番レースが荒い、松岡が落車明けと言う影響もあっただろう。村上もほとんど三谷の先行は差しているが、寸前で捉えて3着も3番手の山内。もちろん、他の選手がだらしないから、本命車券が出るのだが。
 
  9R





1 根田 空史
本当は前は取りたくなかった。
牽制があったので仕方なく。
ギックリ腰で調子を崩したけど、ここまでに治り助かった。
緩んだら行こうと思っていたし、自分に展開が向いた。
あれは嫌がらせで千切ったわけではない(笑)。
2 山田 英明
一歩、一歩、自分も向上していると思うけど、今日は組み立てがまずかった。
ヤマコウさんに取材してもらい、日刊スポーツでも大きく取り上げてもらったのに情けないし、誠一郎さんにも迷惑をかけてしまった。
3 南 修二
根田君のスピードが良くて、松岡さんも苦しかったと思う。
だけど追いかけてもらい自分は恵まれた。
今日の2着は自分の脚でなく、松岡さんのおかげです。
4 内藤 宣彦
小松崎君と連結が外れたのは反省しないと。
だけど、最後は思った以上に伸びた。
これなら今回は調子が良いのかもしれない。
5 松岡 健介
根田君が1人で来たのはラッキーだったけど、勢いが違った。
それで追いつくことが出来なかった。
6 渡部 哲男
初手は九州勢の後ろかなと思っていたけど、展開が向かなかった。
7 和田 健太郎
言い訳出来ないですね。
根田君のダッシュが抜群で千切れてしまった。
ファンにも迷惑をかけてしまった。
8 小松崎 大地
来月は地元のオールスターにも出場出来るし、もっと調子を上げておかないと駄目ですね。
9 中川 誠一郎
山田君に勢いをもらうレースが理想だったけど、連結も外れて9番手になってしまった

レース総評
絶好の行くタイミングが出来て根田がカマシで1人旅。和田が千切れて、松岡が追う。山田は位置を取りに行くが、決めに行くのが失敗。これで中川も連結が外れる。捲りの本命は危険と言うレース。2着が松岡を足場にした南で、3着が内藤。前のレースが本命で、今度は大穴。固いと思えば、18万円で、ファンも付いて行くのが大変だ。
 
  10R




1 岩津 裕介
鈴木君のスピードが良かったので被ってしまうと思ったけど。
そこから原田君が強かったね。
2 海老根 恵太
自分でどうのこうのと言う脚はないし、全て鈴木君任せだったので。
3 後閑 信一
池田君は頑張ってくれましたよ。
原田君に併せて出たけど、彼が山おろしの分、踏み負けた。
それと若さにも負けたかな。
4 池田 勇人
後閑さんだし迷惑は掛けられない。
明日に繋がるレースだと信じたい。
5 原田 研太朗
中団を取れたのが勝因ですね。
だけど、被るのが嫌だったし、自分のタイミングではなかった。
地元記念の悔しさを、今回ぶつけている。
夜のビッグレースはこの大会だけだし、サマーナイトは好きですよ。
6 鈴木 裕
7番手になり巻き返せなかった。
海老根さんと大塚さんに迷惑をかけた。
7 佐藤 悦夫
前の2人が走りやすい様に3番手で牽制したけど。
池田君が行ってくれたけど、原田君がスンナリ中団だったので。
9 三宅 達也
原田君と岩津君が前でワンツー。
しっかり続けなかったし、自分の責任だ。

レース総評
まだまだ後閑のブランドは健在。ほぼ池田は捨て身先行。不運だったのは、中団が原田だった事だ。
後閑も原田が来ない内に番手から出るわけにはいかない。来てから併せるので、どうしても行かれてしまう。
これが2角から容赦なく行っていれば、後閑の頭だっただろう。
岩津は抜けなかったのか、ある程度、無理しなかったのかは分からない。
 11R







1 北津留 翼
堀内君の番手に嵌ったけど、こんな展開もあると亮馬君からアドバイスをもらっていた。
だから、偶然ではない(笑)。
3 山崎 芳仁
今日は展開負け。
ここは記念で優勝もあるし嫌いではない。
一成君と一緒なら共倒れでも仕方ない。
4 堀内 俊介
初めてのG2。
単騎だけど力は出し切ろうと思っていた。
今回は勉強になると思うし、一戦一戦集中して。
5 齋藤 登志信
この3番手で負けたのなら納得。
意外にも、翼君の走りが上手かったね。
6 岩本 俊介
怪我の影響はないと思う。
番手のレースは苦手だし、堀内君とは割り切って走ったので。
7 園田 匠
翼君とは本当に良く決まるね。
抜けなかったけど、番手捲りだからね。
準決も一緒だし、楽しみ。
8 新井 秀明
これが現状の脚ですね。
きっちり続ければ、3着に入れたのに。
9 渡邉 一成
レースの中でアンテナが反応しなかった。
山崎さんにも申し訳ない。
見てしまい、仕掛けが遅れた。
それで届かずの3着。

レース総評
単騎の堀内に何と北津留が嵌る。この作戦を北津留に授けていたのは坂本亮馬の様だ。坂本兄弟の競輪知能指数と、北津留の脚があれば最強の選手になるのだが。平原以上の選手になるのは間違いなし。人気の渡辺は、新田の番手でしか連対出来ないイメージ。山崎は誰かが言っていたが、余生を楽しむ単なる良い人なのかも。
 
  12R





1 村上 義弘
稲垣君が行けないのなら仕方ない。
準決は三谷君を信頼して。
2 武田 豊樹
平原君のダッシュは半端ではなかった。
完全に千切れた。
最後は詰めたけど、脚の差が出たね。
3 浅井 康太
練習中の落車で復帰戦。
その割には踏めたかな。
準決も深谷君と一緒。
メンバーを見てもらったら分かると思うけど、彼が駆けやすいメンバー。
行ってくれたら全部止めますよ。
4 深谷 知広
踏めていないし、行くべきところで行けなかった。
3着だけど流れ込みのレース。
このレースを反省して準決は積極的に仕掛けたい。
5 新田 祐大
単騎だけど、行くタイミングはあった。
そこで見てしまった。
それが敗因です。
6 渡邉 雄太
地元だし見せ場は作ろうと思った。
簡単に捲られてしまったし、まだまだです。
7 平原 康多
まずは南関勢の後ろを取れたのが大きい。
その後は渡辺君と稲垣さんでもがき合いもあったから。
怪我の影響はないし、最終ホームで深谷君の巻き返しも見えなかった。
夢中だし、武田さんが離れたのも分からなかった。
4角から脚は売り切れたけど、気持ちで何とか。
8 郡司 浩平
もうちょっと僕に技量があれば。
でも、地元の渡辺君の気持ちは嬉しいですよ。
9 稲垣 裕之
叩き切れなかったのが現実。
これでは調子良いとは言えないけど、準決も力を出し切りたい。

レース総評 
全員が力を出し切る良いレースだった。現役最高の9人の対決だし当然と言えば当然だが。
やはり、今の平原に真っ向勝負で位置取りをやる選手が不在。これがレースのポイント。
高松宮記念杯の山田英明みたいに不意打ちな選手はいるが、最初から平原と位置を争う選手はいない。
やるとすれば、自分で走る時の浅井ぐらいだ。良い時の深谷なら、ワンテンポ早く仕掛けているが、ちょっと遅かった。出切れるタイミングは間違いなくあった。武田も踏み出しで口が空いたが、最後は思い切り抜きに行っている。平原も武田に抜かれないように、ゴール前は斜めに走っている。この2人は信頼関係もかなりあるが、馴れ合いがなくガチンコだから、見ていて気持ちが良い。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日インタビュー
  1R

1 梶田 舞
自力勝負。
他の5人とは定期的に走っているけど、高木さんとの対戦だけが少ない。
データがないし、そこが不安。
松戸はアクシデントもあったけど、優勝する事が出来て良かった。
2 中村 由香里
前々から勝負権のある位置を狙う。
しっかり準備は出来ました。
3 長澤 彩
積極的な自力勝負。
たまたま京王閣のコレクションを獲れたけど、自分の中ではまだまだだと思っている。
内に包まれピンチのレースも、最近は克服できている。
あとはレースで噛み合ってくれれば。
4 石井 寛子
2場所完全優勝だし悪くないと思う。
位置取りと上手いレースをやるのが私の持ち味。
なるべく、前の方にいたいですね。
5 佐藤 亜貴子
流れを見て自在に攻める。
良い時に比べると、かなり落ちているけど、見せ場は作りたい。
6 細田 愛未
良い位置を取ってからですね。
このメンバーで自力は苦しい。
7 高木 真備
初心に戻り積極的なレース。
大きなレースの方が気持ちが入るので走りやすい。
川崎の決勝は自分の走りが出来たけど、最後、差されてしまった。
  2R

1 石井 貴子
持ち味のダッシュを活かした自力勝負。
私らしい走りをやりたい。
前回の大垣みたいな事はないと思う。
2 尾崎 睦
走るからには怪我は大丈夫。
スタート直後の落車でファンに迷惑をかけた。
年末のグランプリは平塚であるので、少しでも賞金を上積みさせておきたい。
3 増茂 るるこ
自力勝負。
玉野ミッドナイトは、失敗に終わったけど、今回は大丈夫だと思う。
4 加瀬 加奈子
先行して魅せる走りをやりたい。
たまには存在感を魅せないと、忘れられてしまうので(笑)。
5 児玉 碧衣
現在、18連勝中。
あまり意識はしていないけど、連勝記録は伸ばしたいですね。
自分の記録が22連勝で、梶田さんの記録が24連勝。
普通に走っていれば大丈夫だと思いますよ(笑顔)。
自力勝負。
6 山原 さくら
捲れるメンバーではないし、捲りには頼りたくない。
積極的な走りが理想です。
7 奈良岡 彩子
他の選手は自力だけど、私の場合は自力だと苦しい。
短走路だし、少しでも前々へ攻めたいですね。
  3R

1 中川 諒子
結婚してからと言うか、久々に大きなレース。
後輩達が強くなり、ガールズ全体が盛り上がってきたのは良い事。
内枠を活かして前々から自力。
2 石井 貴子
自力勝負。
3 荒牧 聖未
京王閣のガールズコレクションに出てから少し自信がついてきた。
積極的なレースをやる。
4 小林 優香
自力勝負。
海外遠征や競技もあり、久々の実戦。
アメリカでは脇本さんがカレーを作ってくれたりしたけど、私は食べるだけの人と言われてしまった(笑)。
グランプリを優勝した時の体重が83キロで、今が64キロぐらい。
体を絞ったおかげで、軽くなり上半身のブレも解消された。
5 田中 まい
決勝は外していないけど、1着を取れていない。
6 鈴木 奈央
鎖骨骨折で欠場した小林莉子さんのピンチヒッター。
先輩に比べれば、実力はないけど地元だし頑張りたい。
前々から自力勝負。
7 奥井 迪
大きなところを勝つには色々とジレンマはあるけど、自分のレーススタイルは崩したくない。
本当、心が折れそうになりますよ。
チャレンジャーの気持ちで仕掛けたい。
  4R

1 横山 尚則
F1で通用するぐらいだったけど、徐徐に底力はアップしたと思う。
久留米記念は長島大介さんの優勝に貢献出来て良かった。
ハードに練習をやってきたし自力で勝つ走り。
踏み遅れない、立ち遅れない事を意識して。
2 中井 俊亮
奈良の落車で小松島記念を欠場した。
打撲と擦過傷だけだったので1週間ぐらい練習をやってきた。
伊東は初めてだけど自力勝負。
3 坂本 亮馬
地元久留米記念は残念。
だけど、決勝まで行ったし最低限の走りは出来たと思う。
九州ラインで松川君へ。
4 高橋 大作
諸橋君とはプライベートでも仲が良いし、マーク選手としても尊敬出来る。
関東ラインの3番手です。
5 澤田 義和
最近、3番手回りが上手くなった? 経験を積んだし、そう言ってもらえると嬉しいね。
近畿の3番手を固める。
6 松川 高大
佐世保は大雨で初日のレースが途中で打ち切り。
自然には勝てないし仕方ないですよ。
亮馬さんに迷惑をかけない自力勝負。
7 諸橋 愛
横山君の番手へ。
今回はG2だし、来月はオールスターもある。
それより、次の地元弥彦記念が照準。
そこで男にならないと(笑)。
ただ、走る以上は一戦、一戦集中して。
8 筒井 敦史
展開なりに突っ込めている。
短走路だが、意外と直線も長いからね。
九州ラインの後ろへ。
9 古性 優作
地元の高松宮記念杯はファンに迷惑をかけてしまった。
最終日の1勝のみだったが、体はどこも悪くなかった。
その分も今回、頑張らないと。
近畿で中井君へ。
  5R

1 菅田 壱道
北日本ラインで坂本君へ。
目標が不在なら自分でやっているけど、坂本君の番手なら喜んで。
2 東口 善朋
脇本君、稲川君の後ろで近畿の3番手。
最高の3番手だし、チャンスはあると思う。
3 松谷 秀幸
田中君の前で自力自在の総力戦。
弟弟子の佐々木龍が、ここで誘導の早期追い抜きで失格になっている。
彼はそれでS級の点数がパアーになったけど、僕も最近は今ひとつ。
西武園記念を優勝してから、おかしくなってしまった。
4 山田 義彦
久留米記念で決勝に乗れたのは平原さんのおかげ。
2人で落車したけど、幸い右ひじの擦過傷程度。
先行は厳しいし、位置を取ってからの仕掛け。
5 坂本 貴史
数字より脚の感じは悪くない。
同期脇本君との、勝負になるけど負けない様に自力で仕掛ける。
もちろん意識しています。
6 河野 通孝
僕だけ場違いの気もするけど、走る以上は頑張らないと。
関東ラインで山田君へ。
7 稲川 翔
脇本君の番手とは光栄。
タイトルを獲れたのも彼のおかげ。
最近は期待されているレースが出来ていない。
地道に戻していくしかないですね。
8 田中 晴基
落車や失格でリズムを崩していたけど、少し上向きかな。
松谷さんの方がバック数が多いし、番手を回る。
9 脇本 雄太
ニューヨークの近くで合宿。
その後は、伊豆で競技の大会もあった。
今週の月曜日と火曜日は監督から休みをもらえたけど、あとはハードに練習。
ただ、鉄のパイプの自転車には乗る事が出来ないし、競技の自転車。
それとイー新聞のニコナマ、見てもらえました? ゲームお宅だし、今度、ゲームの実況の番組をイー新聞に作ってもらおうかな(笑)。
普段通り、自力で。
  6R

1 岡村 潤
小松島記念の最終日にワンツーを決めている石井さん。
もちろん、好きな走りで構わない。
最近は初日の成績が悪いので、初日にマックスになる様に仕上げてきた。
2 和田 圭
ちょっと地元番組なのかな。
僕は北日本ラインで根本君へ。
3 金子 貴志
小松島記念は自分で動いたし、収穫もあった。
3番手を回ったけど村上さんは凄かったですね。
見習うべき先輩の1人です。
ここは山田君の機動力に乗る。
4 伊藤 大志
自分なりに調子は良いけど、みんな強いですからね。
北日本ラインの3番手。
久留米記念が終わってからはロードの大会にも出たりした。
5 志智 俊夫
まずまず、走れていると思う。
金子君の後ろで中部近畿の3番手。
6 根本 哲吏
骨折後、4本走ったけど、まだまだですね。
自力で見せ場を作りたい。
7 石井 秀治
ダービーで4勝したけど、その後、5場所、1着を取れていない。
こんな時もあるので気にしていない。
自力勝負。
前回の小松島記念は落車明けで、ぶっつけ本番で新車を投入した。
8 佐藤 龍二
石井さんと岡村さんには悪いけど、単騎で自在に攻める。
地元のお祭りに参加出来ないので、ここでお祭り男になりたいですね(笑)。
9 山田 久徳
千葉の落車は打撲と擦過傷程度だし問題ない。
中部勢と決まる自力勝負。
  7R

1 柴崎 淳
骨折明け3戦目。
少しずつ戦える状態に戻っている。
最低でも中団を確保して自力勝負。
2 木暮 安由
最終ホームで行けば、小松島記念は優勝した。
気持ちが小さくなっていたから落車に巻きこまれた。
ただ、富山記念の決勝では村上さんの2段駆けを更に捲っているし、高松宮記念杯でも選手になって初めて深谷君を捲った。
時たま、自然と出てしまうんですよ(笑)。
ここは何度も連係のある吉田君へ。
3 松浦 悠士
今年は落車が続いているけど、大きな怪我ではないので。
同県の才迫君を信頼する。
4 櫻井 正孝
やっとここまで、戻す事が出来た。
この上に行くのが大変ですが。
自力基本に展開で何でも。
5 坂口 晃輔
練習仲間の柴崎さんへ。
勝つ走りをやってもらい、僕は援護役です。
6 才迫 開
自分でも良いのか悪いのか分からない。
そんな状況が続いている。
積極的な自力勝負。
7 吉田 拓矢
走る度に落車の影響はなくなっている。
ただ、高松宮記念杯は、僕の力不足で平原さんと武田さんに迷惑をかけた。
内容も考えて自力勝負。
8 河村 雅章
何の迷いもなく関東の3番手。
離れなければ3着はありますね。
9 永澤 剛
高松宮記念杯の最終日にゴール後に落車。
それで1本休んだ。
桜井君が前が自然だし、番手で頑張るだけ。
  8R

1 三谷 竜生
怪我が続いているけど、レースなので。
村上さんと決まる様に自力勝負。
前回が終わってから金子貴志さん達と、長野のしらびそ高原で練習をやってきた
2 和田 真久留
伊東はF1で優勝したばかり。
記念の決勝にも乗っているので走りやすい。
三谷さんに胸を借りるつもりで自力勝負。
3 松岡 貴久
ここで山田君に任せるわけにはいかないでしょう。
自分が前で何でもやる。
怪我明けだし、何とか生きている状態(笑)。
4 山田 庸平
同じ自在選手なら松岡さんの方が断然格上。
番手を回り勉強したい。
5 中村 浩士
千葉が新しい室内の板張りバンクを作り、廃止にならなかったのは競輪界にとっても明るい話題だと思う。
千葉の選手会としても、頑張った甲斐がありました。
ここは和田君の番手へ。
6 山内 卓也
今回はコラムは書けなかったけど、ツイッターなどでも色々と発信している。
先日は名古屋競輪場で、レース解説と言うイベントもあった。
ここは黙って近畿の後ろです。
7 長島 大介
恵まれでの記念初Vだけど、嬉しい気持ちには変わらない。
杉森さんが前でやりたいと言うので番手です。
8 杉森 輝大
とにかく後方にならないレースをやりたい。
長島君の前で自力勝負。
9 村上 博幸
良くなると落車の繰り返しだし、選手をやっている以上は仕方ない。
近畿で三谷君の番手へ。
怪我は大丈夫だけど自転車が壊れたので、今回から新車です。
  9R

1 根田 空史
福井でギックリ腰。
それが一旦爆発したが、やっと最近、良くなった。
短走路だし自力勝負です。
2 山田 英明
ひとつ、ひとつ、グレードの高い走りが出来る様になってきた。
表彰台に立つ事が出来たし、今度は真ん中に立ちたいですね。
自力勝負です。
3 南 修二
小松島記念も良くなかったし、マーカーとしてまだまだ。
近畿で松岡さんの番手へ。
4 内藤 宣彦
小松崎君が頑張ってくれるでしょう。
自分は展開なりですね。
5 松岡 健介
自分でやったり、人の後ろを回ったりと、それは慣れているので。
ここは普通に自力勝負。
6 渡部 哲男
どこの3番手も回れるし位置は決めない。
納得するレースをやりたいから。
初手の並びを見て嗅覚どおりに。
7 和田 健太郎
引き続き良い状態だと思う。
千葉同士の根田君の番手へ。
8 小松崎 大地
細切れ戦だし、位置取りがポイントになると思う。
2車だが積極的に走る。
9 中川 誠一郎
6月は奈良記念の失格で斡旋が停まっていた。
乗れている山田君を信頼する。
小松島記念の前に練習中に落車したけど、それは大丈夫です。
  10R

1 岩津 裕介
原田君の番手へ。
今年だけで何回連係したか分かりませんね。
彼のタイミングで仕掛けてもらえれば。
2 海老根 恵太
千葉同士の鈴木君へ。
相性も悪くないと思う。
今の戦法では前次第ですね。
3 後閑 信一
埼京ラインで池田君へ。
小松島記念の落車? あんなの怪我ではないし、筋肉痛みたいなもんですよ(笑)。
4 池田 勇人
最近は良い時と悪い時がハッキリしている。
そこが問題ですね。
今回は良いと信じて自力勝負。
5 原田 研太朗
小松島記念は一番良いところを村上さんに持って行かれた。
太田竜馬も勉強になった事でしょう。
自分も悔しい思いをしたし、何とかここでリベンジしたい。
自力勝負。
6 鈴木 裕
中4日だし調整程度。
先行を基本の組み立て。
7 佐藤 悦夫
3番手から突き抜ける脚はないですよ。
ラインで決まる様に自分の仕事をやるだけ。
埼京ラインの後ろへ。
8 大塚 玲
2週間空いたので練習も休養も十分。
千葉コンビの後ろへ。
9 三宅 達也
マーク選手としても慣れてきたし、今は本当にレースが楽しい。
岩津君の後ろで3番手。
  11R

1 北津留 翼
相変わらずレースは下手だし、作戦は園田さんに考えてもらう。
自力勝負。
2 成清 貴之
前回の千葉は外国人の後ろを回ったりして脚に刺激が入った。
決勝は和田君と伊勢崎君のおかげで準優勝。
同県の岩本君へ。
3 山崎 芳仁
体調を少し崩したりして、ベストの調整とは言えない。
一成君のダッシュに離れずに。
4 堀内 俊介
初のG2。
単騎になるけど力を発揮したい。
事故点も気になるけど自力勝負。
5 齋藤 登志信
福島コンビの後ろへ。
この並びも何度もありますよ。
6 岩本 俊介
小松島記念は3連勝で決勝は落車。
少し誤算もあったけど、大丈夫だと思う。
堀内君とは別で自力勝負。
7 園田 匠
福岡同士の北津留君へ。
静岡の決勝は勝てる展開だったし残念。
8 新井 秀明
怪我が多く、まともに走れていない。
福岡コンビの後ろへ。
9 渡邉 一成
競技の方では少し反省点もありますね。
レースの方では、最近、新田君との連係が多かった。
その点で少し不安もあるけど、3車を活かして自力勝負。
  12R


1 村上 義弘
小松島記念は自分でやる番組で、自由に走れた。
結果的に自分の意に反するレースになったけど優勝する事が出来て良かった。
稲垣君を信頼する。
2 武田 豊樹
1本休んだけど大丈夫。
伊東は全プロで2連勝した思い出がある。
もちろん、平原君の番手です。
3 浅井 康太
伊東はS級初勝利、初優勝した思い出のバンク。
サマーナイトは中部勢で3連覇中。
今年も、狙っていきますよ。
どんな状態でも深谷君を信頼して。
先日のイー新聞のニコナマは、僕も楽しむ事が出来ましたよ(笑)。
4 深谷 知広
伊豆の競技の大会で落車し右半身を強打した。
直前まで、走るか走らないか悩みました。
ただ、走る以上は自力で全力投球。
5 新田 祐大
高松宮記念杯で優勝した次の日からアメリカへ海外遠征。
帰ってからも伊豆の競技に出たが、スプリントで良いタイムが出た。
疲れはあるけど単騎で一発狙うレース。
6 渡邉 雄太
地元だし見せ場は作りたいですね。
積極的なレースをやる。
7 平原 康多
久留米記念の怪我は大丈夫。
打撲もなく擦過傷だけだし、すぐに練習を始めた。
武田さんと決める自力勝負。
8 郡司 浩平
渡辺君。
彼には地元川崎記念を獲らせてもらっている。
地元だし好きに走ってもらう。
9 稲垣 裕之
オールスターに向けて順調に仕上がっている。
今はパワー系のトレーニングをやり、意識的に体重を増やしている。
タイミングを見ながら自力勝負。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
第13回サマーナイトフェスティバル限定!コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできる!
第13回サマーナイトフェスティバル記念杯限定!!
コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
全日本競輪新聞協会連合会が無料でプリントできます!!
(最終レース発送時間まで)

eプリントサービスでしか手に入らない期間限定の無料予想情報!
後半3レースの予想とレース情報を掲載!




ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/zennihon-keirin


ページトップへ
   
コンビニのコピー機で伊東温泉競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニのコピー機で伊東温泉競輪の出走表が無料プリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
伊東温泉競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日18:00頃から、2日以降分は前日22:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin37

開催場HPもご確認ください


ページトップへ 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 

平成29年7月16日
伊東のサマーナイトは、もっと初日よりアップするかと思ったら、これがナイターなのか14億1298万900円と微増、それでも2日間で26億6790万2300円なら昨年の川崎をオーバーして目標の40億を越えるのは確実、これは全て伊東施行者の執念と本部に配置転換されても施行の要望で何時も以上に頑張ってくれた宮垣課長の功績だと思います、やれば出来るんですよ。
3・3の特別なのに落車はゼロも奇跡。そしてナイターだからで若いファンが大勢詰め掛けた現実。最終日は祭日なのでもっと売り上げも来場者も期待出来ます。
同時進行の武雄FIも負けじと大いに盛り上ってます。小倉竜二が大和魂でパーキンスの捲りを止めたのにはビックリ「流石、小倉」と伊東で評判に成ってました。
昼間の武雄、そして夜の伊東とコンドルを参考にバンバン投票されて、ひと財産を作って下さい。次の仕事は大宮FIです。こっちは現地の青競新聞社から情報を頂いて作る事にしてるのでお楽しみに。
 

平成29年7月15日
武雄のFⅠは6億を有に越え、伊東のサマーナイトは土曜日でもあり、場内はヤングが大勢居で、やって正解したのでは。
売り上げは12億4850万1200円は大成功だったのでは。
スタートのガールズで打ち上げ花火を挙げて、それからはスター連が内容あるレースをやってくれて落車ゼロは更に良かったのでは。
2日目も武雄と伊東のダブルヘッダー、こんな生活は正直言ってもうイヤですが、仕事であればやり遂げるしかありません。
 

平成29年7月14日
本日14日は伊東に来てますが、年末の記念でしか訪れた事が無い地なので、この蒸し暑さはどうにか成りませんかと言いたく成る灼熱地獄。
同時進行の武雄には弟(専務)が行ってますが、暑いそうです。
昨夜の内に羽田に来て、それから朝早い電車で湘南の海を見ながら伊東に到着。何時もの様に施行者さんに世話に成ったホテル迄歩いて荷物を預けて、競輪場迄も歩きましたが、ずっと登りと言う事と競輪場は急な坂、そして今回の記者席は健康な人でも一息つかないと厳しい階段を何十段と歩かねば成らずヘトヘトに成りましたが、何時もの事で選手と話をすれば疲れた事を忘れるから不思議。これは武雄FⅠ井上茂徳杯西日本カップを取材してる弟も同じとの事。
伊東のサマーナイトは前半3個レースが選ばれた21名に依る予選が2日間の着順成績でファイナルの7名が決まり、V賞金250万円の争奪戦。9月締め切りのガールズグランプリを決める大事な闘い。
目下トップは長澤彩、2位が高木真備で3位は尾崎睦、4位に児玉碧衣、5位奥井迪の順に成ってるとの事。
男の優勝賞金は1110万円。ちなみに昨年は浅井康太が獲りました。
JKAも新体制に成り、何とかして昔の隆盛期に近付けたいと一生懸命頑張るそうです。
ならばルールに制度改善は必要不可欠でしょう。
今回のサマーナイトは記念をやれば目標額を割った事が無い日本一ツキがある伊東競輪。立てた目標は昨年の川崎を上回る40億との行って欲しいし、行って貰わないと困ります。
武雄は3連休でほぼ昼間は単独開催に、サマーナイトから洩れたスターに最強外国人パーキンスにボスであればFⅠの新記録を作るんじゃないかで施行は大張り切り。
番組は売り上げ第一に考える優秀な2人が初日からほぼ完璧に組んでたので不安はゼロ。
伊東の方はガールズの3個でファンの注目を集めて、4~11Rまでが2着までの狭き門、3着は2人だけ。選考順で準決進出。
特選の9人はフリーパスなので「これぞ競輪」が繰り広げられるのではと期待大。

 
ページトップへ
   
二宮歩美の『ふんばっていきまっしょい!』



【二宮歩美】
ファッションモデル、グラビアの経歴を経て現在タレントキャスターやMCとして活動するとともに
個人事務所『WB』の代表としてキャスティングやプロデュース業などもこなす。

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty2~もっともっとがとまらない♡~”
http://ameblo.jp/ninoreport/


ページトップへ 
   
潮田ひかるのコラム
 ■ 潮田ひかる(しおた ひかる) 

 ▶ 潮田ひかるオフィシャルブログ「歯向かうモノは喰っちまえ」 
      https://ameblo.jp/hikahika61/
 
  ▶ Twitter
      https://twitter.com/hikarun61?lang=ja
  
     




今日は伊東温泉競輪場で、「サマーナイトフェスティバルGⅡ」のプレゼンターをさせていただきました✨


到着してすぐ、こちらのソウルフードであるラーメンを食べました!競輪場で食べる冷やしラーメンは、格別でした。


また、「チャリチャンinサマーナイトフェスティバル伊東温泉競輪」に出演させていただいたのですが、実際に車券を買いに行き、手に取り応援するのは、とても新鮮で刺激的で楽しかったです!共演者のみなさんのお話も勉強になりました。ありがとうございました!

そして、プレゼンターとして、私がお花を渡したのは新田祐大選手!新田選手が頑張る姿、本当にかっこよかったです!


「サマーナイトフェスティバルGⅡ」は、ライトアップも綺麗で、会場の熱気もすごく、生で見る競輪の素晴らしさを改めて実感しました!
 
   
ラピスタ新橋よりお知らせ!





ラピスタ新橋で6月23日(金)~
ミッドナイト競輪前売り発売&競輪1日最大8場併売スタート!!

全国初!ネット以外でミッドナイト競輪が買えるのは

ラ・ピスタ新橋だけ!

ラ・ピスタ新橋では

ミッドナイト競輪日刊スポーツPDF新聞無料配布中!


また、どこよりも多い競輪1日最大8場併売もスタート!

全国最多の併売数でほぼ全国の全開催が購入可能に!

・館内の全発払機での購入が可能です。
・前売り発売限定となります。(当回発売ではございません)
・営業時間に変更はありません。(ナイター開催時20:45迄)
・他場での発売がない為、払戻しはラピスタ新橋でのみ可能です。




所在地: 東京都港区新橋2-7-1
電話: 0120-666-401/(携帯電話)03-3500-3017
営業時間: 通常開催時:10:00~17:00)/ナイター開催時:10:00~20:45/早朝発売:7:30~
アクセス: ・東京メトロ銀座線 新橋駅下車、8番出口より徒歩0分
              ・JR京浜東北線/JR東海道線/JR山手線/JR横須賀線 新橋駅下車、
                 日比谷口出口からSL広場側へ徒歩0分
              ・都営浅草線/ゆりかもめ 新橋駅下車、徒歩2分

   
チャリロトよりお知らせ!





2017年6月1日(木)から競輪・オートレースファンにお届けする情報サイトがスタート。
「Perfecta Navi」(パーフェクタ・ナビ)です。
インタビュー記事、コラム、フォトギャラリーなどを随時更新して行きます。
みなさんのプラスアルファになれば幸い。
ぜひ御活用下さいませ。


↓「Perfecta Navi」はコチラ↓ 
https://perfectanavi.com/


 

   
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ以上の開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/aokei/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」編集長。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

SUMMER TIME BLUES
 
観光でも競輪の旅打ちでも出張でも、その旅用の移動中に聴く音源を作るのは楽しい。昔ならウォークマン用のカセット・テープ録音、今ならアイファンのプレイリスト作成となるのか。
検車場の選手がイヤフォンで音楽を聴きながらウォーミングアップするようになったのはいつぐらいからだろう。超一流の某選手にいったい何を聴いているのか、サザンですと教えてもらったのは二十数年前の立川競輪場だ。昨今の集中オーラに抗することは俺には無理だろうから、ま、けっこうゆるく優しい時代だった。
もし伊東のサマーナイトフェスティバル用なら、俺はどんな曲を集めるだろう。
エディ・コクランの「サマー・タイム・ブルース」、フーの「サマー・タイム・ブルース」、子供ばんどの「サマー・タイム・ブルース」、RCサクセションの「サマー・タイム・ブルース」に「サマー・ツアー」などを挙げるのはベタすぎるか。
百二名の参加選手が持参する音楽再生機器のひとつからでもいいから、RCのロックンロールが流れればいい――。



ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ記者・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







先日チャリロトから1通のメールが届いた。


内容は「お中元を自宅に贈って良いですか」との事。


ダチョウ倶楽部じゃないけれど、どうぞ、どうぞ、どうぞの二つ返事。


そして送られて来たのが下の写真のもの。





エビスビール詰め合わせ


これで夏を快適に過ごせます。


そしてオッズパークさん、最近なにも送られて来ませんよ。


主戦場をチャリロトに変えちゃいますよ?


よろしくお願いいたします。



ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925



前検日
難しい世の中だ。大手メディアや、地上波のテレビと同様に、ネットの匿名性の意見がひとつのメディアとして影響力を持っている。検索エンジンのトップページのニュースに、こんなの必要? と思うニュースさえある。僕の感覚がずれているのかもしれないが、大多数の意見でないと思う事が、多くの人が共鳴していたり、多くの人が関心を持っているニュースとして出たりする。本当はもっと分かりやすく深く掘り下げて書きたいのだが、今日はこの変でやめておく。僕ら記者も現場にいながら、窓口に行かず、ネットで車券を買っている。もちろん、大きなお金が動いているのだが、あくまでも仮想の世界。昔みたいに、窓口に行列が出来たり、ぽっけの中が札束で埋まる現実性がなくなった。もしかしたら、ゲームの世界で車券を買っていると思う事さえある。そう考えると、時には、現金で車券を買う事が大切かなと思う。まだ、前売りしか買えないがラピスタ新橋でミッドナイトの車券を買えることになったのは、良い事かなと思う。もし、当回売りが始まれば、競輪を買ったことがないサラリーマンが足を止めてくれるかもしれない。ちょっと、違うミッドナイトの魅力を伝えることが出来る可能性もある。ミッドナイトに携わっている立場として、ガールズのレースが少なくなる事は反対の立場だった。走っている選手達は可哀想かもしれないが、ミッドナイトとガールズほど、相性の良い関係はないと思っていた。ただ、ミッドナイトに関係ない競輪場、場外車券売り場の立場からすると、冗談ではないと思ってしまう。都市型の競輪場と地方の競輪場では、違いがあるかもしれないが、先日遊びに行った川崎ナイターのガールズは、会社帰りの男女のグループが何人もいてガールズの選手を熱狂的に応援していた。おっかけではない、普通の人達だ。少しだけ大井競馬場の雰囲気に似ていたし、殺伐とした博打場の姿ではなかった。本場にファンを集めることは難しいかもしれないが、同じ競輪に関わる者同士でも考え方の温度差がかなりある。


ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2017年7月15日(土)・16日(日)・17(月)

■開催場所
伊東温泉競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

函館競輪

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttp

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ